資金を活用して賢くビジネス運営をしよう

>

経営に必要な資金とは

金融機関からの融資による資金調達

普通銀行や信託銀行、信用金庫などの金融機関のほとんどは、創業者に融資をして、創業に必要な様々な資金調達を援助するサービスを展開しています。
金融庁の方針により、もしも創業者が返済できなかった場合に、銀行に代わってリスクを負う、保証協会という国の機関が存在しています。
このシステムのおかげで、起業前の個人や、創業後間もないベンチャーへの融資に対する審査の難易度に差はあるものの、多くの金融機関が融資制度を整えています。

また、民間の金融機関だけではなく、政府公営の、日本政策金融金庫も起業家への融資に力を入れています。
財務省所管のもとで国民生活向上への寄与を目的としている日本政策金融金庫は、融資金額も利息金利も優れており、利用しやすい調達先といえます。

融資による起業のメリットとデメリット

金融機関による融資を受ける場合、メリットとデメリットの双方を事前に理解しておくことが大切です。

まず、長所としては、事業のタイミングを逃さずにすむという点です。
起業は、将来的に価値が高くなりそうな、新しい市場に早くから着目して、ビジネスチャンスを掴むものです。
十分な自己資金を貯める為に何年も待っていたら、競合企業が次々と参入してしまう可能性もあります。
また、融資を受けて資金力を高めておけば、ビジネス市場において、最初から優位な取引を進められるという効果も期待できます。

一方で、融資は簡単に受けられるものではないため、審査に通るだけの経営状況が求められます。
担保や連帯保証人の要求がある場合もあり、また利息も生じるため、ビジネス運営の見通しがきちんとたてられていることが重要です。


この記事をシェアする