資金を活用して賢くビジネス運営をしよう

>

資産投資で利益をあげよう

債券投資による資産運用

債権投資は安全で利益率が高いとして定番の法人資産運用先です。
債権投資とは、国債や社債といった債券を購入し、その利息を毎月受け取る投資商品です。
債券は、あらかじめ元金を返す起源を決めて発行するので、その満期まで待てば、投資元本が必ず返還されるのです。
満期が来るとお金が全額返還され、利息を受け取れる、安全な運用手段という点で、定期預金とよく似ていますが、債券投資は定期預金よりも利回りが高いといえます。

そのため、ビジネス運営にあたって、法人口座で賢く資産運用をめざすならば、債券投資をおすすめします。

満期まで債券を保有することを前提として、さらに償還日が長期と短期の債券を組み合わせて投資すると、より安全で確実な債券投資をすることができます。

有価証券による資産運用

経営者に人気の資産運用先として、有価証券があげられます。
有価証券のなかには、主に株式投資や投資信託があり、どちらも値動きが大きいという特徴がみられます。

株式投資は、上場企業の株式を買えば、配当金が分配されるため、法人の収益を安定して確保できるという目安になります。
しかし、株式の資産価値は目まぐるしく増減することがあるため、リスクを減らすためには、証券会社を通して取引するほうが賢明です。

また、投資信託は、資金の運用方法の方向性を自分で決定したうえで、実際の運用を証券会社や信託銀行のようなプロに任せるものです。
市場の流動性が高いというデメリットはあるものの、信託報酬が低コストな会社を通すと、予想以上の収益獲得につながる可能性が高いというメリットがあります。

忙しいビジネス運営のなかで、賢く資金活用をするためには、投資による資産運用を検討してみるとよいでしょう。


この記事をシェアする